日本語 English

about

 

 静まり返ったその場に、始まりの小さな小さな揺めきが起こった。

 そこに光と闇が生まれ、呼ばれて小さな揺めきがあちこちに起こった。

 それらの揺めきは小さな波に、大きな波に、小さな大きなうねりとなった。

 それらは押し合い、引き合い、重なり合って、溶け合った。

 その波や渦は形となって、音となって、熱や空気、力や意味、距離や時間となった。

 始まりから長い長い時を経て、ある波はある波達を現実と、また別の波達を虚構と呼び始めた。

 しかしそう呼ばれた波達もまた、静かに溶け合っていく。

 

 これは存在についての物語。その一端である。

 

 私は幼い頃から“存在するということ”に興味があった。

 私という自分がなぜここに在るのか、なぜその目の前に世界が在るのか。それを考え出すと眠ることが出来なかった。その深淵の理は恐ろしくも魅力的な光を放っている。

 なぜそれに興味を抱いたのか、その発端を想起するのは難しい。いつの間にかその疑問が幼い私の中に湧き起こり、今なお私を掴んで離さない。そして、この謎は古今東西数多くの賢人達を魅了し続けてきた。自分を賢人とは呼べないが、私もまたその魅力に取り憑かれた者の一人だ。

 先人達の弛まぬ思索と研鑽によってその謎のベールは一枚、また一枚と取り払われていく。しかし、その深淵の理は未だに夥しい量のベールに包まれていて真に迫ることは叶わない。

 だからこそ、私も先人達に倣い私なりのやり方でそのベールを取り払う。

 私は“存在するということ”それについての作品を作っている。その物語を紡いでいる。

 

 1994年に石川県金沢市に生まれる。

 京都芸術大学日本画コースを卒業後、そのまま同大学の修士課程へと進み修了。

 現在は京都を拠点に活動中。

 

 

history

2018年 京都造形芸術大学 大学院修士課程 ペインティング領域 修了

2018年 京都造形芸術大学 大学院 修了展「優秀賞」受賞

2018年 京都造形芸術大学「シュレディガーの猫展」出展 東京都美術館/東京

2018年 京都造形芸術大学「画心展2018-Selection Vol 15」 優秀賞 受賞 佐藤美術館/東京

2019年「ZEN展」優秀賞 受賞 東京都美術館/東京都

2020年 Artistsʼ Fair Kyoto 2020 入選 京都文化博物館/京都

2020年 IAG AWARDS 2020 入選 東京芸術劇場/東京

2020年 ANKNOWN ASIA 2020 ONLNE レビュアー賞 受賞

2022年 ART GOSE ON -Session 3 / MOVE ON (Yes, art goes on )- 出展 SEASID STUDIO CASO /大阪

2022年 個展「-それは波としてそこに現れる-ψ」STUDIO DIFFUSE MAKE+ /大阪